店主からのご挨拶

当店のこだわり、パンにかける想い

1997年、パリのカンパー二ュ専門店、ポワラーヌ。

200年以上続く、世界一有名なパン屋さんで出会った、カンパー二ュ。
見たことのないような大きさ、そして香ばしさ、食欲をそそる酸味。
日本のパンでは味わったことのない風味でした。

本当に美味しいごはんが、そうであるように、噛むほどに、小麦本来の味まで辿れる、
自信に満ちた、がっしりとした力強さ。
いつか、私も日本でこのようなパンを焼いてみたいものだという気持ちがふつふつと湧きあがりました。

募るパンへの情熱、出発点はあのカンパーニュ。

オーナーシェフとして26年間務めた、半蔵門の欧風料理店「シェリフカノン」を後進に譲り、
自宅を改装し、2010年5月6日にパン工房&Cafė「マダム・シュープリーズ」を開業いたしました。

  「ポワラーヌ」のカンパー二ュを出発点に、試行錯誤を繰り返したカンパー二ュ。
小麦粉の違い、気候の違い、酵母の違いなどから
当然ながら、まったく同じものは生まれません。
でもようやく、

「これが、日本のポワラーヌです」

と自信を持ってお届けできるカンパー二ュが完成いたしました。

徹底的にこだわり抜いた厳選素材

オーガニックレーズンから起こした天然酵母、まろやかで良質なドイツの岩塩、ポストハーベスト不使用の国産南部小麦粉から出来た、安心して皆様の食卓へお届けすることができる、重厚で風味豊かな、美味しいカンパー二ュの誕生。

  当店のパンとの出会いが、皆様の食と健康に美味しく寄与できることを心から願っています。

2014年5月吉日
マダムシュープリーズ店主
平澤誠一

page top